日本基督教団 洛北教会

2021年 教会標語「あなたの神、主は、あなたと共に歩まれる。あなたを見放すことも、見捨てられることもない。」(申命記31章6節)

先週の説教

洛北教会の説教を毎週更新します。礼拝の録音(mp3形式)および録画(Youtubeへのリンク)を視聴できます。
バックナンバー 一覧へ

2020年3月29日より、礼拝のライブ配信(毎日曜日10:45)および録画視聴が可能になりました。
個別の主日礼拝の録音/録画へは、下欄の礼拝記録内のリンクをクリックしてください。バックナンバーにも順次録音/録画へのリンクを掲載します。

Youtube内のすべての礼拝録画リストを見るには、下記のリンクをお使いください。
洛北教会Youtubeチャンネルへ→  

2021年12月5日 待降節第2主日 創立記念礼拝

説教:「畏れと憐れみ」
聖書朗読:マタイによる福音書18章12〜14節
説教者 : 岡本知之牧師

説教黙想 「小さい者の大きさ」

 当時の黙示思想において、神の御顔を見ることができるのは、もっとも位の高い天使だけと考えられていました。また、義人には守護天使がついているという思想もあり、イエスはこのユダヤ教における天使の思想を用いて、「小さい者」の一人ひとりが神の前にいかに重要な存在であるかを語られるのです。人間の世界では軽蔑され、見過ごされ、存在する価値もないかのように扱われている「小さい者」たちの一人ひとりに天使がついていて、直接「わたしの天の父の御顔を仰いで」、その「小さい者」のことを父に訴えているのです。「わたしの天の父」は小さい者の一人ひとりに深い関心を寄せて見守っておられるのです。そうであれば、どうしてその「小さい者」を無視することができるでしょうか。
 次にマタイは、「迷い出た羊」のたとえをここに置いて、「これらの小さな者が一人でも滅びることは、あなたがたの天の父の御心ではない」ことを印象深く説きます。このたとえはルカ福音書にもありますが、ルカはこのたとえを、「罪人」と食事を共にすることを非難するファリサイ派の人たちや律法学者たちに対してイエスが語られた反論として、「失われた銀貨」や「放蕩息子」のたとえと並べて置いています(ルカ15章1〜7節)。おそらく、この「迷い出た羊」のたとえの本来の場はそちらにあると考えられます。マタイはそれを「小さい者」を大切にするようにという共同体への訓戒を語る文脈に置くことで、このたとえを自分たちの現在の状況に活かします。マタイがこの福音書を書いたとき、マタイの共同体《エクレーシア》は決定的にファリサイ派律法学者たちの「会堂」《シナゴーグ》と決裂しています。ルカでは「このように、悔い改める一人の罪人については、悔い改める必要のない九十九人の正しい人についてよりも大きな喜びが天にある」となっていますが、マタイでは「これらの小さな者が一人でも滅びることは、あなたがたの天の父の御心ではない」となるのです。

 ←クリックすると礼拝の録音が聞けます。
 ←クリックすると礼拝の録画を視聴できます。

 

バックナンバー